マンスリーマンション・ウィークリーマンション探しの決定版
ウィークリーマンション
マンスリーマンション
ちっぷくん

賃貸ショップイメージキャラクター
ちっぷくん

業界最安値に挑戦中!! ウィークリーマンションやマンスリーマンションを全国でお探しの方は賃貸ショップにお任せ下さい♪
シキュー
ヨヤクゴー
フリーダイヤル
0120-49-4895
受付時間:09:30-19:00 水曜日も休まず営業中!!
年中無休!!
携帯OK!!
  • コラム

ウィークリーマンションのメリット・デメリット

ウィークリーマンションのメリット・デメリット

数日間・数週間にかけて出張する場合、ホテルを利用するとコストがかかってしまいます。賃貸マンションを契約する方法もありますが、家具家電の購入費や退去時の費用を考えると最適な方法とは言えません。 このような一定期間の滞在に役立つサービスが、ウィークリーマンションです。引っ越しの費用や手間もかけずに済むため、短期滞在をしたい場合はウィークリーマンションの利用がオススメです。 今回は、そんなウィークリーマンションのメリット・デメリットについてのご紹介です。

ウィークリーマンションのメリット

家具家電が揃っていることから、ウィークリーマンションでは自宅と大差のない生活が送れます。炊事洗濯ができるため、食事に気を遣っている人も安心して長期利用が可能です。 1週間単位で加算される料金には、水道光熱費やインターネット料金が含まれている物件も多く、家具家電の充実度を含めるとホテル以上に安価となります。 通常の賃貸物件を契約する場合、様々な必要書類や保証人を用意し、審査を通過しなければなりません。 対して、ウィークリーマンションの場合は、身分証を提出のみで入居可能であることがほとんど。手続きに手間取ることがないのは、ウィークリーマンションの大きなメリットです。 一方、ウィークリーマンションの利用には以下にあげるデメリットもあるため、契約する物件は慎重に選びましょう。

ウィークリーマンションのデメリット

料金内にルームクリーニング(清掃)料が含まれている場合を除くと、室内の清掃や消耗品の補充等は自分自身で行わなければなりません。 炊事やゴミ出しも行い、地域ごとにルールが定められている場合は従う必要があります。料金重視で利用を検討している人は、契約日数によっては一般的なビジネスホテルよりもコストが高くなりかねない点に注意しましょう。事前に地域のホテル料金と比較することをおすすめします。 指定日までに申し出た場合は返金可能なところも存在するため、申し出る期限や手続き方法を確認してください。 延泊を希望する場合も、予約状況によっては断られることがあります。 退出日直前ではなく、滞在期間の延長が決まったときに申し出るようにしましょう。

まとめ

今回は、ウィークリーマンションのメリット・デメリットや利用時の注意点等を解説しました。 利用するうえでは、ゴミ出しのルールや利用人数の条件等、入居先ごとの注意点は必ず確認しておきましょう。契約方法や必要書類、家賃等の料金システムも運営会社によって細かな部分が異なるため、予約時は必ず条件や規約を確認することが大切です。
お気に入りへの登録が完了しました。 お気に入りへの登録が完了しました。
お気に入りから削除しました。
まとめて問い合わせる(無料)

※ 複数物件選択可能です。

ページ上部へ戻る
シキュー
ヨヤクゴー
0120-49-4895
受付時間:09:30-19:00 水曜日も休まず営業中!!