マンスリーマンション・ウィークリーマンション探しの決定版
ウィークリーマンション
マンスリーマンション
ちっぷくん

賃貸ショップイメージキャラクター
ちっぷくん

業界最安値に挑戦中!! ウィークリーマンションやマンスリーマンションを全国でお探しの方は賃貸ショップにお任せ下さい♪
シキュー
ヨヤクゴー
フリーダイヤル
0120-49-4895
受付時間:09:30-19:00 水曜日も休まず営業中!!
年中無休!!
携帯OK!!
  • コラム

ウィークリーマンションと賃貸の違い

ウィークリーマンションと賃貸の違い

ウィークリーマンションと一般賃貸住宅の違いを皆様はご存じでしょうか。名前からは何となく想像できても、はっきりとした区別がつかない方もいらっしゃるかと思います。 実は、長期出張や単身赴任などで利用されるウィークリーマンションと、一般賃貸住宅には明確な違いがあります。そこで今回は、ウィークリーマンションと一般賃貸住宅の違いについてご紹介します。

 

♦家具・家電付き

賃貸マンションの場合、家具や家電などを揃える必要があり、元々住んでいた物件から引越しをする場合にはそれらも運び出さなくてはならないため、いずれにしても費用がかかってしまいます。また、物件によってはインターネット回線も自身で契約しなくてはならず、引越しをする度に手間がかかります。ウィークリーマンションの場合、家具家電があらかじめ備え付けられています。そのため、入居してすぐに快適な生活を送ることが可能です。  

♦敷金礼金が不要

一般賃貸住宅は、契約の際に敷金礼金が必要となります。場合によっては不動産会社への仲介手数料などの「初期費用」を支払わなくてはならないケースが多いです。多くの場合契約の満期となる2年が経過するタイミングで、継続して住む際におよそ賃料1ヶ月分程度の更新手数料を支払う必要があります。一方ウィークリーマンションは、ほとんどの場合、敷金礼金が不要で利用できます。保証人を立てる必要がない物件も多く、急な滞在が必要になった際にも対応できるメリットがあります。  

♦契約期間

一般的な賃貸物件の契約形態を「普通借家契約」であるのに対して、ウィークリーマンションの契約形態が「定期借家契約」といいます。普通借家契約とは、契約期間が1年以上と定められている契約形態のことです。通常は2年と設定されることが多く、長期間の居住を想定して交わされる一般的な賃貸契約です。定期借家契約とは、契約期間を自由に設定できる契約形態のことです。主に短期間の契約を想定しており、1年未満という短期間の賃貸契約にも対応することができます。
お気に入りへの登録が完了しました。 お気に入りへの登録が完了しました。
お気に入りから削除しました。
まとめて問い合わせる(無料)

※ 複数物件選択可能です。

ページ上部へ戻る
シキュー
ヨヤクゴー
0120-49-4895
受付時間:09:30-19:00 水曜日も休まず営業中!!